日本のタイポグラフィ 五十年の記録展

日本のタイポグラフィ 五十年の記録展 パンフレット

日本タイポグラフィ協会の創立50周年を記念してこの50年の日本の優れたタイポグラフィ作品の展示会が竹尾見本帖本店で開催されています。
50年の歴史を振り返るだけあって書籍やグラフィック、プロダクトなど様々な作品がコレクション別、年代別、協会関連などに陳列されていて、いつもの竹尾の展示の倍ぐらいの量がありました。

以下が展示の様子。

展示様子1

展示様子2

合わせてスペシャルトークが2回開催されていて、1回目のに行ってきました。
内容としてはそれぞれの出演者の作品踏まえた紹介やこの50年の変化といった内容でタイポグラフィに関する豆知識などはなくMacを使うようになってのメリットやデメリットといった感じ。
なのでどちらかというと40代以上の熟練デザイナー向けの内容でした。

展示自体は量、質ともに充実した内容で本なども触って見ることができるので、昔の優れた作品に触れられるいい機会かと思います。個人的にJRやグリコなどのCIなどのレギュレーションがまとめられたデザインマニュアルが面白かったです。

11月14日(金)までの開催なのでタイポグラフィ好きの人は是非!