建築の皮膚と体温-イタリアモダンデザインの父、ジオ・ポンティの世界- 展

建築の皮膚と体温-イタリアモダンデザインの父、ジオ・ポンティの世界- 展 DM

陶磁器や食器のデザインから家具や高層ビルの設計まで手掛けたイタリアの建築家、インダストリアルデザイナー、家具デザイナーのジオ・ポンティの展示が銀座のLIXILギャラリーで開催されているので行ってきました。
今回は撮影OKだったので写真と合わせてご紹介。

会場入口

こちら会場入口。
左のポスターのように青を使ったかわいいデザインが特徴的。

小石形のタイルが埋め込まれた壁面

小石形のタイルが埋め込まれた壁面。
会場内は上記写真のように窓を使った見せ方をよくしてあります。

青と白のタイル

青と白の菱型のタイル。

ホテル・パルコ・デイ・プリンチビの床タイル

ホテル・パルコ・デイ・プリンチビの床タイル。

「表情を変える建築の皮膚 床タイルのデザイン」
上の床タイルを使ったコマ撮りアニメーション。
アニメーション・音楽:kobito inc.・三浦 正幸

テキスタイル「窓辺の窓人たち」

テキスタイル「窓辺の窓人たち」

会場様子

会場内の展示風景。
パーテーションをうまく活かした見せ方でスペースの割に中々のボリューム。
ちなみに会場デザインはトラフ設計事務所。

ジオ・ポンティのプロダクトと経歴

建築以外のジオ・ポンティの作品。
右は経歴。

タイルや窓など壁周りをメインとした展示で、スケッチや映像も合わせて見応えのある展示となってます。またどれもヨーロッパらしいシンプルかわいいデザインで寒色。