Timberize TOKYO 2020 〜都市木造が2020年の東京を未来へつなげる

Timberize TOKYO 2020 A4フライヤー

東京オリンピックの開催される2020年に向けて木造建築を考える展示がスパイラルガーデンで開催されていたので行ってきました。

タイトルになっているTinberize(ティンバライズ)というのはtimber(ティンバー)という人の手によって加工された材木や製材から作られた造語の事らしいです。

今展示では大きく分けて東京オリンピックの施設展示と100の木造建築の2つの建築模型郡が展示されてます。実際には他にも実物大展示や木造建築の知識、杉の休憩スペースを合わせた5つのコーナーがありますがメインはその2つかと。

有明エリア

こちらはオリンピック施設展示の有明エリア。

有明エリアの競技場を繋げる桟橋

各競技場を繋ぐ桟橋。奥の砂地はBMX競技場。

有明体操競技場

有明体操競技場。
体操競技の体の柔らかさや曲線美を表現したそうな。

辰巳の森公園のAquatic Center

辰巳の森公園のAquatic Center。
水球や水泳などの競技場。

夢の島公園のスタジアム

夢の島公園のスタジアムの断面図。
スポーツやコンサートのイベントにも利用可能。

晴海エリアの選手村

こちらから選手村。

サイクリングロード

手前の木のトンネルはサイクリングロードだそうです。

住居エリア

住居エリア。

100の木造建築

会場の右半分では100の木造住宅の模型が展示されてます。
最終日ということもあってコチラも人が満載。

House S(奥)とH(手前):篠崎弘之建築設計事務所

House S(奥)とH(手前):篠崎弘之建築設計事務所

伊勢神宮内宮参集殿改修:土屋辰之助アトリエ+高橋潤建築設計事務所

伊勢神宮内宮参集殿改修:土屋辰之助アトリエ+高橋潤建築設計事務所

下馬の集合住宅:KUS

下馬の集合住宅:KUS

最終日に行ったので既に会期が終わってますが建築模型好きにはたまらない模型三昧の展示でした。
さてはて6年後のオリンピックがどうなるか楽しみです!