佐藤 卓、竹村真一ディレクション コメ展

コメ展 A4フライヤー

21_21 DESIGN SIGHTで日本人の主食であるお米の展示が開催されているので行ってきたので写真と合わせてご紹介。お米を様々な視点から様々な切り口で見せた展示で、行く前からいいと評判は聞いてたんですが内容、展示方法共に素晴らしかったです!

1F展示フロア

1Fエントランス付近の展示。
手前の大きなオブジェは手前から籾、玄米、白米。

ショップ

米関連商品

※展ショップ。本やお椀、土鍋から米、醤油、味噌まで色々売ってます。
米は全十種を玄米で100g単位で販売してます。精米もしてもらうことができ、出た糠は無料で配布していました。

コメ粒もじもじギャラリー

コメ粒もじもじギャラリー。
展示最後に米粒に文字を書くコーナーがあるので受付で配られた用紙に貼って投稿すると優秀作品がここに展示されます。19歳女の子は「単位」と書いていた。

B1F:コメの惑星

ここからB1F。こちらはコメの惑星。
デジタル地球儀で見るコメと稲作の地球史。

コメの景

コメの景。
普段見落としている風景や文化を、コメを巡る8つの視点で見直すというコーナー。

コメの景:コメと光

コメの景:コメの光。
下の光の筒の周りには均等に米粒が敷き詰められてます。

コメと食

コメの景:コメと食。
一粒サイズの寿司。

B1Fメイン会場全景

B1Fメイン会場。
展示の仕方も凝っていて素敵です!

しめかざり

しめかざり。
10種のデザインのしめ飾りが展示されてます。

コメの計

コメの計。
一粒から一俵まで色々なお米の入れ物をサイズ順に並べてあります。

たねとり田んぼ

たねとり田んぼ。
多種多様な米の稲と米粒。色々な色があります。

コメの暦

コメの暦。
稲作文化・日本の節句や農事暦などを太陽の循環をベースに構成されてます。
天井は米粒の入ったシャーレが敷き詰められてます。

コメみくじ

コメみくじ。
受付で貰った用紙に目に付いた米偏のスタンプで今の運勢を占うというもの。

コメみくじ 4410結果

4410の運勢はこんな感じでした。
待ち人が「甘いが外堀固められる」ってホンマかい!
固まる気配どころか外堀見えないんですが…

KOMECTION 2014

米のパッケージをファッションに見立てたKOMECTION 2014。
タグもちゃんと作りこまれてます。

おコメ人生すごろく

ご飯となって自分の元に届くまでの過程を双六にしたおコメ人生すごろく。
コマがエスビーの調味料の瓶なんですよ。これも佐藤卓さんの仕事なあたり抜け目ないなぁと。

働かざる者、食うべからず。

「働かざる者、食うべからず。」という「収穫・脱穀」「籾すり」「精米」を体験できるマシーン。鮮やかなインフォグラフィックスが右のハンドルで動き出します。

いただきます!

一膳のご飯とおかずの食品サンプルの「いただきます!」
只今AM3:34。お腹が空いてきました。

ジャパン ブランド

様々な日本酒のラベルギャラリーの「ジャパン ブランド」。
デザイン性の高い様々なラベルがあるので一枚一枚見てても楽しい。

鳴門鯛 純米大吟醸 ラベル

4410イチオシ「鳴門鯛 純米大吟醸」。
ゴクッ…。

ここで紹介した以外にも稲を使った様々なパッケージや日本各地のお米の銘柄(東京近郊が一番多いのに驚いた)、夜のあぜ道やカエルの視点のインスタレーションなどかなり盛り沢山で質、量共に素晴らしい展示でした!

一つ一つ見てると2、3時間ぐらい経ってるぐらい濃い内容なので時間に余裕を持ってじっくり見ることをオススメします。
今週末(15日・日曜)までの開催なのでかなり混むことが予想されますが、混んでても見る価値のある展示です!