EXHIBITION OF WONDERWALL ARCHIVES 02 – 10 PROJECT MODELS

EXHIBITION OF WONDERWALL ARCHIVES 02 - 10 PROJECT MODELS A4フライヤー

銀座のポーラミュージアムアネックスで建築家 片山正通氏の率いるWONDERWALLの手掛けたプロジェクトの建築模型展が開催されているので行ってきました。

展示手法などは2010年に開催された前回とほぼ同じですが、作品は全て新しいものとなってます。今回も撮影OKなので写真多めでご紹介。

EXHIBITION OF WONDERWALL ARCHIVES 02 - ネオンサイン

エントランスのネオンサイン。これもまた前回と同じ。

EXHIBITION OF WONDERWALL ARCHIVES 02 - 案内

エントランス横には案内と片山正通氏の3Dフィギュア。

通路パネル展示

通路にはカタログの中身がズラリと並べてあります。

建築模型展示会場

こちら展示会場。
全10プロジェクトの建築模型が展示されてます。

代々木VILLAGE 鳥瞰図

代々木VILLAGE 俯瞰図

代々木VILLAGE。
行ったことありますがまさにこんな感じで思い出します。

TRAVEL LIBRARY 天井

TRAVEL LIBRARY 内観

TRAVEL LIBRARY。
天井の梁や室内の鹿の剥製まで作りこまれてます。

THE BANK 外観

THE BANK 窓

THE BANK。
昭和モダンといった外観でまるでドラマのワンシーンのよう。

OZONE 外観

OZONE。

INTERSECT 内観

INTERSECT 内観とレクサス

INTERSECT。
横が断面になっているので各部屋をしっかり見ることができます。

A-FACTORY 外観1

A-FACTORY 外観2

A-FACTORY。
道路も再現してより周辺のイメージも具体化されます。

前回もそうでしたが模型のクオリティがものすごく高いため、近接で写真を撮っていると実際どのような感じなのかまで細部までイメージすることができます。
逆に言うとこの模型を見てしまうと他所の展示の模型が「あれ?」って思えてしまうぐらい作りこまれてます。

人形もただ置いているだけでなく各シーンに合わせているためドラマ性すら感じます。
ウォーリーを探せみたいで面白い。

模型好きでなくても楽しめるかと思うので少しでも興味ある人は見ることをオススメします。25日までと来週の日曜までなのでお忘れなく!