アンディ・ウォーホル展:永遠の15分

アンディ・ウォーホル展:永遠の15分 A4チラシ

六本木ヒルズの森美術館で開催されてる「アンディ・ウォーホル展:永遠の15分」に行ってきました。アンディ・ウォーホルは最近だと新美術館のアメリカン・ポップアート展でも展示されてましたが断然こっちの方がよかったです!

展示作品は有名なポップアート作品以外にも線画や写真、映像までまさにアンディ・ウォーホルが手がけた仕事以外の作品も満載で「国内史上最大」のふれこみもうなずける内容です。

また展示の見せ方もよく所々パーテーションで正方形の小部屋を作りその中の壁にも展示することで人が分散していたため比較的空いているところから見ることができ、ブリロの箱などの彫刻作品のブースはコンクリの倉庫のようなエリアになっていて雰囲気にのめりこめます。

個人的な作品のオススメは子供用玩具と絶滅危惧種のイラストです。そしてやはりシルクスクリーンの鮮やかな色がよく、大きいキャンベルスープ缶のアルミの縁部分はスゴくキラキラしてたし迫力がありました。

アンディ・ウォーホル好きはモチロンのこと、特に好きではないけどちょっと気になってるという人は是非見に行くことをオススメしたい展示となってます。
GW中までの開催なので最後の追い込みがかかってるかと思いますが混雑してても見る価値ありです!

ちなみにグッツも充実しててグリーティングカードセットポストカードセットを買おうかと思ったけど展示会場限定じゃなかったので保留に(笑