「指を置く」展 佐藤雅彦+齋藤達也

「指を置く」展 佐藤雅彦+齋藤達也 A4チラシ

ギンザ・グラフィック・ギャラリーで開催中の東京藝大映像研究科教授の佐藤雅彦氏とメディアインスタレーション作家(でいいのかな?)の齋藤達也氏による指を置くことで連続性が生まれたり、別の表現になったりとだまし絵的な右脳を刺激するグラフィック中心の作品展。

どちらかというとデジタルなインスタレーション作品などを手掛ける二人なのに意外なほどアナログな作品のみというのが興味深いです。

9割方紙の作品ながら立体的なものや動画を使ったものもあり、特にブランコのミニチュアに指を置いて見る動画は自分の指と画面との連続性を感じ取ることができて面白かった。

今週の金曜(28日)までなのでちょっと違ったグラフィック展を見てみたい方はドウゾ!