世界のブックデザイン2012-13

世界のブックデザイン2012-13

数ある毎年恒例の企画展の中で自分の中でBEST3に入るぐらい毎年楽しみにしている展示「世界のブックデザイン」に行ってきました。
開催場所はいつも通りの若干不便な印刷博物館(笑

そんな不便さを吹き飛ばすぐらい今年も世界中の素晴らしい本のオンパレード!
ドイツの世界で最も美しい本コンクール2013」の受賞作と日本、ドイツ、オランダ、スイス、オーストリア、カナダ、中国、ベルギーの8カ国の受賞作約200点が展示されています。

1冊1冊どころか1ページ1ページ見所があるため打ち合わせ前の1時間半ではとても足りず半分も見ることが出来ませんでした。
装丁、レイアウト、文字組み、紙、仕掛けなどなど細部まで様々な工夫がこらされ楽しいだけでなく非常に勉強にもなります。

まだ全ての本を見たわけではないので特定の本を指定しませんが、何故か自分はやはりドイツのデザインに惹かれる傾向があると改めて思いました。
近々残りを見に行ってきます!全て見終わったら更新するかもしれません。

3月2日(日)までと残りも少なくなってきたのでデザインに興味ある人は終わる前に是非!!