PARTY そこにいない。展

PARTY そこにいない。展 A4フライヤー

ギンザ・グラフィック・ギャラリーで開催されているPARTYの個展「そこにいない。展」に行ってきました。
Web業界に関わってる人なら知ってる人も多いと思いますが、PARTYは伊藤直樹、清水幹太、中村洋基、川村真司らによるクリエイティブラボでそれぞれ広告業界でWebやインスタレーションを中心に一線級で活躍していたクリエイターが集まってできたチームです。

今展示ではこれまで作成したクライアントワークを一般公開向けにアレンジした作品が展示されています。
展示作品はGoogle Chrome用ゲームのWorld Wide MazeやTOTOのトイレバイクなどが展示されてあり、一番多くの人に知られているものでいうと3Dプリンターをいち早く導入して話題になった3Dプリンターを使った写真館OMOTE 3D SHASHIN KANでしょうか。

World Wide Mazeはスマホをコントローラー代わりにしていたのをOculus(オキュラス)というゴーグル式の全方位型モニター対応して首を振ったり傾けたりでボールをコントロールできます。
一見バーチャルボーイっぽく感じますが、かなり反応がよく次世代ゲーム機(正確にはモニタデバイス)と言っても過言ではないぐらい面白いので是非体験してみて下さい。

トイレバイクはアクセルを回すことで振動する室内仕様になっていたり、他にも蛇口から水や砂が出てるような感触があるコップや3方向に映像を投影してエアロバイクと連動した装置など楽しいインスタレーション作品を体験することができます。
公式サイトに制作過程なども上がっているのでそちらをご参考下さい。

ただ一人づつ体験していく事になるので土曜に行くと混雑しそうなので平日や午前中など空いてる時間を狙っていくといいと思います。