パッケージ幸福論2013「パッケージ小学校」

パッケージ小学校 DM

今年で5回目を迎え定番化してきたパッケージデザイナー達による展覧会「パッケージ幸福論」がギャラリー5610で開催しているので行ってきたので写真と合わせてご紹介。
今年のテーマは「パッケージ小学校」ということで学校のような入口(校門)と内装になってました。

パッケージ小学校 校門

こちらは会場入口。ちょうど門が付いているので校門っぽく見えます。

パッケージ小学校 黒板

展示会場内の壁には学校の定番である黒板。
右側は自由に描いていいらしい。

パッケージ小学校 展示会場様子

各デザイナーが正方形の机の上に作品を展示。

魔法の包み紙 - 田中健一
魔法の包み紙 – 田中健一
銀紙で包むと全部チョコに見えてくるけど中はチョコじゃありません。

P定規で作ってみよう小さなパッケージ - 湯本逸郎
P定規で作ってみよう小さなパッケージ – 湯本逸郎
パッケージの型が取れる定規で作られた紙箱。

俺クション - 石浦弘幸
俺クション – 石浦弘幸
他人にはゴミでも自分にとっては宝物をパッケージ。今展示で一番好き。

ウニの貯金箱 - 小野太士
子供の頃、中々貯められなかった貯金箱を取り出す事を躊躇しそうなウニでパッケージ。

多くのデザイナーが自分の小学校時代の思い出を元にデザインしていて、ユニークなかわいいパッケージが沢山展示されています。
今月末(25日-水)まで開催中です。