<遊ぶ>シュルレアリスム-不思議な出会いが人生を変える-

<遊ぶ>シュルレアリスム-不思議な出会いが人生を変える-

新宿西口にある損保ジャパン本社ビルに入っている損保ジャパン東郷青児美術館で開催しているシュルレアリズム展に行ってきました。

シュルレアリストとして有名なダリ、デュシャン、マグリットやキリコ、日本の上田正治、アニメーションではシュヴァンクマイエル(展示作品はコラージュ)など様々なアーティストの絵画や立体物が展示されてました。

作品は色々あったものの展示はよかったかというとかなり微妙。
なんと言っても見せ方がヒドい…。金持ちが会社のビルのワンフロアを使ってコレクションを展示していると言った感じの見せ方。

入ってすぐにお手洗いの通路が出てくるわ、額縁はバラバラで統一性はなく、作品のキャプションはパワポで作ったんかい!とでも言いたくなるような上下に淡いグラデーションが入ってるというとても美術館としては言いがたい。
正直この違和感がずっと気になって作品を見るのに集中できませんでした。
数が少ない分ギャラリーの方がちゃんとしています。

改めて見せ方の重要性を再認識させられました。
既にシュルレアリスム展は終了してますが、別の展示に行くにしても美術館や博物館の雰囲気が好きという人はガッカリするので避けたほうがいいでしょう。

常設ではゴッホのひまわり、ゴーギャンやセザンヌなども展示されているだけに勿体ない…