JR展 世界はアートで変わっていく

JR展 ワタリウム美術館 外観

JRというフランス人アーティストの作品展で壁や屋根様々な所にモノクロのポートレートをグラフィティで表現して、世界中の弾圧や貧困、差別下で暮らす人々を訴えた作品展開をしています。(上の写真はワタリウム美術館の外観)

目だけを使った作品など力強い作品が多く、今展示では主に映像でこれまでのプロジェクトを流していて、中に自分の作品の場となった街中を主観視点でストップモーションのように撮影した作品などもあり面白い。

最後に回ることになる2階では女性の身長ぐらいあろうかという自分の特大ポートレートを撮影し、会場に貼ったり持って帰ることができます。
カップルで来てお互いのポートレートを交換して部屋の壁にでも貼ればいいと思うよ!