設計のプロセス展 PLOT:process of design

設計のプロセス展 PLOT:process of design 入場券

既に会期終了してますが安藤忠雄、隈研吾、山本壮介など名だたる有名建築家達の建築が完成に至るまでの経緯を模型やドローイングと合わせて紹介した展示が北参道のGAギャラリーで開催されていたので行ってきました。 GAギャラリー外観 こちらが会場のGAギャラリー。いかにもコンクリ打ちっぱなしのレゴブロックを積み上げたような無骨な建築。 さてはてそれはさておき展示の方ですが総勢7名の建築家のプロジェクトが紹介されてますが、どのプロジェクトも基本的に建築模型は用意されています。 個人的に興味深かったのが山本理顕氏のThe Circle、伊東豊雄氏のCapitaGreen(上チケット画像のもの)。 特にThe Circleはチューリッヒ国際空港で要望である「スイスらしさ」が非常にうまく表現されているように思えました。また周囲の広大な敷地内に出現した巨大建築は「サプライズ」を提供してくれそうです。建築模型を見るだけで実物はどうなるのかといったワクワク感がありました。 また7人の建築家それぞれがCGや紙にドローイング、現場写真に書き込んだり過程や方法が異なり、実現に至るまでの紆余曲折など展示タイトルどおりまさにプロセスの展示で興味深かったです。 このように有名建築家の制作過程を一同に見ることができるのは大規模な展示でないと少ないので気軽に見れるのはありがたいです。 ちなみに初GAギャラリーで初北参道にして初副都心線利用だったんですが、北参道ってちょっと中途半端な位置ですね(笑)歩こうか乗り換えようか迷った。