装丁家・装画家「私のこの1冊、この1枚」展

私のこの1冊、この1枚 - DM

竹尾見本帖本店で開催されている122名の装丁家や装画家が選んだ思い入れのある1冊の本と1枚の紙の展示に行ってきました。

私のこの1冊、この1枚 - 会場風景
こちらが展示の会場風景。

1つ勘違いしていたのが選んだ紙を使った本だと思っていたんですが、特にそういった縛りはありませんでした。
なので本と紙が全く関係ない人もいたりしますが、実際に自分が手掛けた仕事で使用した紙とその紙を使った本という人もいます。中にはこの紙を使いたかったけどコストが高いからと断られて使えなかったという裏話的なチョイスになっている人も。
紙と本が一致しているものは印刷や箔押しすることでまたちょっと違った印象になっていたりするので、そういった違いを見るのも面白いと思います。

そんな感じなのでデザイン業界の人向けの内容かなと。

ちなみにこの展示のDMはNTスフールという新しい紙なんですが、かなりしっとりした面白い触感の紙になってます。
気になる方はアンケートに答えるとサンプルをもらえます。

P.S:
ちなみに今日(3日土曜)まで神保町古本祭やってます!(遅い