15 politypographien – Helmut Schmid

15 politypographien Helmut Schmid - A4チラシ

桑沢のエディトリアルの授業でお世話になった先生からタイポグラファ兼グラフィックデザイナーであるヘルムート・シュミット氏の作品展のDMが送られてきたので行ってきました。

この展示ではタイプライターを使用して自らの政治的意見と合う社会主義的な言葉を、タイポグラフィとして視覚的に表現したポスター15点と制作にまつわる資料が展示されています。

ポスターは全てドイツ語であるためほとんどの人が読めないかと思いますが解説書が用意されているのでご安心を。その解説書内に制作手順も掲載されているのですが

1.タイプライターでタイプ時の強弱でのウェイトの太さや用紙を変えての実験を行う。
2.タイプされたテキストを使って、暗室でぼかし・露出・拡大縮小を行なって版下を制作。
3.オフセットにて印刷。

という中々手間のかかった制作方法になっているようです。
正直興味ない人にはどう見ていいかわからないと思いますし、ぶっちゃけ自分自身文字のリズムや滲みなどのデザイン面でしか見所がわかりません(笑)。ドイツ語がわかればもっと見所があるんでしょうが。

ちなみに場所が白金高輪のもろ住宅地の中というのもあって、わかりにくいのでスマホを持ってない人はGoogleMapなどで拡大地図を持って行ったほうがいいかと思います。

ちなみにエディトリアルの授業のもう一人の先生である小泉均先生はタイポグラフィ・ハンドブックなる本を最近出版してフォントブログでわかりやすく紹介されてます。