2012 ADC展

2012 ADC展 - A4チラシ

毎年恒例のADC(東京アートディレクターズクラブ)会員によって選ばれた優れた広告やグラフィックデザイン展示のADC展がギンザ・グラフィック・ギャラリーとクリエイションギャラリーG8の2会場で開催されているので行ってきました。

こちらの展示は2011年5月から2012年4月に発表されたポスター、広告、本、パッケージ、ロゴやCMなど様々なジャンルの作品から選ばれた受賞作が展示してあるのですが、毎年広告作品が一番メインになっているような印象を受けます。
gggではADC会員作品、一方G8では一般作品が展示されています。

グランプリに選ばれたのはHONDAのCM「負けるもんか」。これまでのHONDAの代表的な車を横一列にタイムライン状に並べてあるのを見ると車好きにとってはその時の時代背景とナレーションが相まってジーンとこみ上げてくるものがありますね。自分も以前このCMをYoutubeで見た時速攻お気に入りに入れました。

また筆記具メーカーのSTAEDLERのデッサンのCMもいいんですが、CMに使った200枚のスチールを本にしたパラパラ漫画(デッサン)がCM以上に素敵でした!

他にもカラフルなラインの入ったアクリルのメガネなど初見の作品もいくつかありました。様々なジャンルの作品があって面白いんですが、gggではADC会員の作品、G8では一般作品と分かれているせいか個人的にはいいなと思った作品はG8に固まっていた印象を受けました。(もちろんgggでもいい作品はありますよ!)

何にしても今のトップクリエイターたちの作品を見るいい機会なので銀座に行った際には寄ってみてはいかがでせう!

P.S:
浅葉克己さんによる桑沢デザイン研究所のロゴが展示されてたけど、これって公式になったんですかね?それとも学長になったから俺色に染めるぜ!という意思表明?