Lineament さわひろき展

Lineament さわひろき展 - DM

書くのがすっかり遅れてしまいましたが資生堂ギャラリーで開催している「Lineament さわひろき展」を見てきました。

この展示ではさわひろき氏本人が体験した日常からインスピレーションを受けた映像作品になっているので日常的な舞台やモチーフを使った作品となっています。
資生堂ギャラリーは天井の高い地下のギャラリーなんですがその壁二面に大きく投影したマルチスクリーンの作品が1点と中、小サイズ1点づつの計3点の映像作品と造形作品が1点になります。

このマルチスクリーンの作品が今展示のメインで初公開で虚構と現実の協会が揺らぐ人物の姿を描いた作品とのこと。
他に点も含めてわかりやすいストーリー性のあるものでなく、感覚的な作品(アート的?)になるため好みが分かれるかと思います。

映像作品なので1つづつ全部見ると大体30分ぐらいかかるのでじっくり見たいという方は時間に余裕のある時のほうがいいかもしれません。またビルの外壁やSHISEIDO THE GINZA店内にも1点づつ作品が展示されています。