「クラウド・シティ」 トマス・サラセーノ展

「クラウド・シティ」トマス・サラセーノ展 DM

銀座のエルメスの8階でアルゼンチン生まれのフランクフルトで活動しているアーティスト トマス・サラセーノ氏の展示が開催されているので行ってきました。

この展示では空間を大きく使ったスペースデザイン的な大規模な作品が2つ展示されているんですが、1つは蜂の巣状の雲のような物をいくつも透明のワイヤーで吊ったもので、もう一つは気球のように膨らませた巨大な黒のビニール袋の中に入るといった作品になってます。

撮影NGなので自分の拙い絵で図解するとこんな感じ。

「クラウド・シティ」トマス・サラセーノ展 会場様子

大学では建築を学んでいたというだけあって、蜂の巣状の雲の方は一つ一つがまるで集合住宅のような印象を受けました。
展示後サイトで読んでみたらやはり空中都市を表現しているそうです。(展示前にあまり情報入れないようにしてるので

もう一方の黒のビニール袋は人が四つん這いになって入れるような入口から扇風機で送風してありますが、中では天井まで一杯に使ってあるため立つことができます。袋が黒なので中が暗いかと思いましたが完全な袋はなく入れる窓の光は入るようになっているので暗くありません。ちなみに一番奥で氏の作品映像が上映されています。

展示のジャンルとしては建築よりもスペースやインスタレーションといった感じです。(おそらくエルメスの展示がそういったものなんでしょう)
会期が8月末までと夏休み(学生の)終了までだからと安心してるとあっという間に経ってるのでお気をつけて〜。