桂正和の世界展

桂正和の世界展 フライヤー

スラムダンクドラゴンボール幽遊白書などジャンプ全盛期と言われる時代を支えた漫画家の一人である桂正和の原画展が渋谷パルコで開催されているので行ってきました。
当時、桂正和先生の連載中だったのは電影少女だったんですが内容のエロさから小学生だった自分達はコソコソ読んでたもんです。(読んでるのがバレると冷やかされるから

桂正和の世界展 展示会場入口
会場の入り口はこんな感じ。

この展示は現在ヤングジャンプで連載中のZETMANのTVアニメ放送記念という事もあって半分はZETMAN関連になってます。

漫画の原画やアニメの構成案やキャラクター設定資料などファンや設定資料好きにはありがたい展示内容。カラー原画はCGでなく画材による着彩であるため筆の流れなどもわかり、やはりアナログ作業からやってきた人の絵はクオリティが高く見ていて思わず「すげぇ…」と見入ってしまいます。
アニメのキャラクター設定資料も面白く、桂正和先生の描くキャラクター(特に女性)の独特のボディーラインのエロさをしっかり捉えてあってアニメーター(作画家?)もすげぇと思わされます。

他にもZETMANのグロテスクなシーンを再現したフィギュアや実写版のリアルZETMANの映像の他、ウイングマンからTIGER&BUNNYまでの過去作品の原画も時系列順にならべてあり絵の変わっていく様子がわかって面白いです。

またリアルZETMANのコスチュームが9日(月)以降に展示されるので9日以降に行ったほうがいいかもしれません。

ちなみにWalkerPlusで展示の一部の写真がアップされてます。