多摩美術大学 造形表現学部 造形学科 卒業制作展 2012

多摩美術大学 造形学科卒業制作展・大学院日本画・油画 修了制作展 - DM

多摩美術大学の上野毛キャンパスで造形学科の卒業制作展があったので行ってきました。
本来は2月上旬に上野の森美術館でも開催されていてそちらに行く予定だったんですが、すっかり忘れていたので。でも多摩美は行った事なかったので丁度いいかなと。

一部屋を1人から3人程度が使っていて日本画、油絵だけあって大きくて迫力のある作品が多かったです。その中で気に入った一部の作品をご紹介。

多摩美術大学 造形学科卒業制作展 - 河馬の日本画
河馬の群れと墨の波がマッチしていてカッコいい。

多摩美術大学 造形学科卒業制作展 - 秋の空間が面白い

空間作りから凝った作品。床には黄色づいた落ち葉が敷いてあります。

多摩美術大学 造形学科卒業制作展 - 高層ビルの鳩

絵のサイズを活かしたダイナミックな構図と緻密なビルの絵が迫力あります。

多摩美術大学 造形学科卒業制作展 - ダイナミックなクレーター

キャンバスを2つ繋げたものにドドンとクレーター。存在感がスゴい。

多摩美術大学 造形学科卒業制作展 - 線がスゴい

全て線で描かれてます…。何この人、コワイ…。

多摩美術大学 造形学科卒業制作展 - 男前な猿

油絵らしい力強さが猿の男前度を上げてます。

大きい絵はやはり実物で見るほうが断然楽しいですね!
学生の作品なので色んな個性を持った絵画があるので、何となく大きい絵でも見たい気分の時にはいいかと思います。教室を分けて展示されているので自分が行った時はほとんどの教室で一人でゆっくり見ることができました。(雨降ってたから?

26日(月)までなので見に行こうと思っている方はお早めに!
あと多摩美を志望している学生も学校の雰囲気を知るいい機会かと。