東北・茨城100のデザイン Area Aid Design Project

Touhoku + Ibaraki 100Designs DM

この展示は昨年3月11日の東日本大震災による被災地の産業復興支援策の1つArea Aid Design Projectの一環で東北6県+茨城の100社の商品や事業が展示されています。
生活用品、玩具、飲食物など職人の手による物が多いですが他にもメーカーやデザイン事務所、団体の活動報告なども展示されています。

しかし今回はそこに置いてあった「A-zone 第4号 鮪立へ」というフリーペーパーのご紹介です(笑

120322_touhoku-ibaraki100design01

京都工芸繊維大学大学院の大学院生による制作で手作り感溢れるいい味のあるフリーペーパーとなってます。上は表紙。

120322_touhoku-ibaraki100design02

鮪立への貧乏旅行記事

120322_touhoku-ibaraki100design03

イラストをふんだんに使ったり

120322_touhoku-ibaraki100design04

お土産も紹介していたりと鮪立の魅力をよく引き出した楽しいフリーペーパーとなってます。

Vol.4は「鮪立」だったので1〜3もどこかの地方を紹介してるのかと思いきやテーマが「Interview」「裸」「洛西寮」とバラバラ…。この自由感がまた学生らしくて魅力的なんだけど。バックナンバーのVol.1〜3も欲しい所だけど300部だからなぁ…

オススメのフリペなので見かけた方は是非読んでみて下さい!!
もちろん「東北・茨城100のデザイン」展も面白いので近くによった際にはドウゾ!